ペットドッグのご案内

年に一度は、ペットドッグを受けましょう。

 飼い主様の予防医学に対する高い関心もあり、伴侶動物が若くして感染症にかかる頻度は極めて少なくなりました。伴侶動物も当たり前に中高齢を迎えられるようになり、病気がいつしか人と同じようになって久しくなりました。それに伴い重要視されはじめている事は、病気の早期発見、早期治療です。病気の早期発見は、完全治癒やずっと元気でいてもらうために非常に重要なことです。ペットドッグを家族の一員である伴侶動物の健康管理にぜひお役立てください。

 検査項目には主に以下のような項目、内容がございます。

  身体検査…一般的な視診、触診、聴診

  尿検査…腎臓病、糖尿病、肝臓病、膀胱炎、尿石症等

  糞便検査…腸内寄生虫

  血液検査…血球数、腎臓、肝臓、糖尿病、膵臓、脂質代謝等

  犬ホルモン検査…甲状腺・副腎疾患

  猫ウィルス検査…猫白血病、猫エイズ、伝染性腹膜炎

  レントゲン検査…呼吸器疾患、骨疾患、諸臓器の形・大きさ、腫瘍等

  一般眼科検査…瞼、結膜、角膜、虹彩、涙の量、眼圧等

  散瞳検査…水晶体、白内障、硝子体、網膜

  腹部超音波検査…肝臓、腎臓、膀胱、脾臓、副腎、前立腺、膵臓、

        腫瘍等

  心臓超音波検査…サイズ、運動能、弁膜不全等

  心電図検査…心拡大、不整脈

 一つの検査で「良い」「悪い」を決定づけてしまうのではなく、以上のような検査を組み合わせる事で正しい判断、程度の理解を深める事が可能となります。

 検査は完全予約制で、午前中にお預かりし、夕方以降お迎えにお越しいただきます。結果のご案内には、通常1週間程度お時間を頂戴いたします。ご不明な点は、遠慮なくご相談ください。

ペットドック検査項目&価格表


Aコース Bコース Cコース
身体検査
血液生化学検査
犬ホルモン検査
猫ウィルス検査
胸部レントゲン検査
腹部レントゲン検査
腹部エコー検査
心臓エコー検査
心電図検査

一般眼科検査
眼科散瞳検査










・完全予約制。
・すべてのコースに検便、尿検査をお付けします。
 専用の容器がありますのでご希望の方は、あらかじめ取りにお越し下さい。
・検査当日は食べ物のみ、ひかえてください。
・全ての病気、状態が明確になる訳ではありません。
 結果によって、追加の検査をご案内する場合があります。
・主訴、臨床兆候がある場合は、通常の検査料となります。

ページの先頭へ